福島銀行株がストップ高

SBIとの資本提携好感

©一般社団法人共同通信社

 11日の東京株式市場で、福島銀行の株価が急伸し、一時、値幅制限の上限となるストップ高を付けた。SBIホールディングスと資本提携するとの報道が好感され、買い注文が集まった。

 取引開始直後から大幅反発し、前週末終値の243円と比べ一時30%以上値上がりした。

 福島銀はSBIの金融商品販売のノウハウやITを活用し、収益力の回復に取り組む。

 市場では「人口減少と低金利で融資の収益は依然厳しいが、何もしないよりは動きだしたことを評価する投資家が多い」(大手証券)との声が目立った。