「火の用心」呼び掛け 秋の全国火災予防運動始まる

©株式会社長崎新聞社

啓発パレードに出発する消防車=島原市城内1丁目

 秋の全国火災予防運動(9~15日)が始まった9日、島原市消防団(本田庄一郎団長)の啓発パレードが市内であり、市民に消防車で「火の用心」を呼び掛けた。
 空気が乾燥し、火災が発生しやすいこの時期に、防火意識を高めてもらおうとパレードを実施。消防車24台、全24分団の消防団員ら約120人が参加した。
 同市城内1丁目の島原文化会館駐車場であった出発式で、本田団長が「警戒に当たり、住民への周知を頑張ってほしい」とあいさつ。消防団員は消防車に分乗し、各管轄区域を約2時間かけて広報活動し、火災予防を呼び掛けた。