【プレミアリーグ】リバプールが大一番でシティを撃破!先行逃げ切りで悲願の優勝に大きく前進!

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

プレミアリーグ第12節が現地時間10日に開催され、リバプールとマンチェスター・シティによる優勝候補同士の一戦が行われた。

【プレミアリーグ】天下分け目の大一番!リバプール、宿敵シティを下しアンフィールドで歓喜なるか 〜第12節プレビュー〜

リーグ11戦無敗のリバプールと昨シーズン王者シティによる大一番。勝った方が優勝に近づくゲームは開始早々にスコアが動き出す。6分にリバプールがカウンターを発動すると、サディオ・マネがペナルティエリア左からグラウンダーのクロスを供給。これはDFにクリアされるものの、こぼれ球を拾ったファビーニョが右足を振り抜き、リバプールがいきなり先制点を奪取する。さらに畳みかけるレッズは、13分にアンドリュー・ロバートソンが左サイドからクロスを送ると、モハメド・サラーが頭で合わせ、シティ相手に2点のリードを得て試合を折り返す。

【プレミアリーグ】守護神エデルソンがアタランタ戦で負傷交代…リバプールとの大一番は欠場か

理想的な試合展開に沸き立つアンフィールド。ただリバプールの猛攻はまだ終わらない。51分に右サイドに開いていたジョーダン・ヘンダーソンがクロスを上げ、ファーサイドで待っていたマネのヘディング弾で追加点。対するシティは78分にベルナルド・シウバが1点を返すも、反撃はここまで。リバプールが3-1でシティを下し、悲願のリーグ優勝に大きく前進した。

先行逃げ切りでリバプールが優勝に大きく前進