佐世保海洋少年団 結成67周年記念 団員らに賞状

©株式会社長崎新聞社

賞状を受け取り、敬礼する団員=佐世保市干尽町

 佐世保海洋少年団の結成67周年記念式典は9日、佐世保市干尽町の芝生広場で開かれた。松本文男団長(72)はあいさつで「歴史ある少年団に入っていることを誇りに思い、努力を重ねてほしい」と述べた。
 同少年団は1952年11月に結成した。現在は幼児から高校生までの男女計25人が所属。毎週土曜日の訓練で、手旗信号やロープワーク、カッターボートの技術を高め、九州大会や全国大会に出場している。
 式典には団員や指導者、佐世保海上保安部の関係者ら25人が出席。松本団長が、大会や訓練で優秀だった団員らに賞状を贈った。
 高校3年まで活動を続け、優秀と認められた団員に贈られる最優秀賞に選ばれた南朱音さん(18)=県立佐世保商業高3年=は「小学1年のときから頑張ってきてよかった。集団行動の大切さなど、学んだことを将来に生かしたい」と話した。