満島真之介が明かす、イメージで世界旅行していた極貧時代

©株式会社光文社

大河ドラマ『いだてん』や、SNSを騒然とさせたNetflixの『全裸監督』など、話題作への出演が続いている満島真之介(30)。演技派俳優として、着実にキャリアを重ねているが、10代のころに映画の助監督として働いていたという過去がある。しかもその時期には、風呂なしのアパートに住んでいたこともあったというから驚きだ。

「でもね、お金がなくても人生は楽しめるんですよ。世界一周旅行だってできちゃいますからね。たとえば、今日はメキシコに行きたいなって思ったら、メキシコの民族音楽をかけて、ナチョスにサルサソースなんかつけて、目をつぶって食べる。そうすると『あ、メキシコにいる……!』という感覚になれる。それから、馬頭琴の音をかけながら、つんできた雑草の匂いをかげば、そこはもうモンゴルだしね。イメージの力ってすごいんですよ! 自分でイメージできることは、どんなに大きなことでも必ず実現できると思うんです。逆に、イメージがわかないことは絶対にできない。僕の場合は、毎日同じところに通勤するっていうのが、ぜんぜんイメージできなくて。それが早い段階でわかってたから、会社員になる選択をしなかったんでしょうね」

まっすぐな瞳で楽しそうに語る満島。人生を自分の手で充実させる術をたくさん知っていそうだ。今でも“旅”は好きだそうで、かつてはイメージでしか行けなかった場所にも、今は実際に足を運んでいる。やはりそれが、忙しい日々のリフレッシュになっているのかと聞くと「リフレッシュは、まとめて一気にやってもダメ!」と熱弁する。

「たまったものを一気に流すのは、さすがに無理なんですよ。だって『リフレッシュしたいから土日は絶対出かけないと』って気合入れても、みんなそう思ってるから! どこもめちゃくちゃ混んでて、より疲れちゃったりするでしょ? だからリフレッシュは日々しないと。僕にとってはゆっくり眠れることがいちばんのリフレッシュ方法。寝室の環境にはすごくこだわってますね。とくに重要なのが湿度! 乾燥してるのはもってのほかだし、湿度が高すぎても寝心地悪いんですよ。だからいつも60%に保ってますよ。笑」

ほかにも、毎朝のランニングがリフレッシュになっているというが、体作りや健康を意識しているわけではないという。

「何も考えず、ただ気持ちいいからっていうのが大切なんですよ。みんな、何かをやるときに目標とか理由をつけたがるでしょ? それも大切ではあるんだけど、でもそれだけじゃ楽しさが半減しちゃうなと思うんです。達成できない自分にイライラするくらいならやらないほうがいいんじゃない? って思う。意外と好きなことって何も考えなくても自然とやってるから。それを見つめ直すだけでもリフレッシュになるはずですよ」

途中から、満島に人生を楽しむアドバイスをもらっているように思えてきた今回の取材。最後は「楽しい人生を過ごしてください!」という言葉を送ってくれた。

そんな満島は、11月11日放送のドラマ『ハル ~総合商社の女~』(テレビ東京系・月曜22時~)の第4話にゲスト出演。主演の中谷美紀(43)や藤木直人(47)とは、久しぶりの再会だったという。

「以前共演したときにちゃんと関係性が作れていたから、ぜんぜん久しぶりな感じはしませんでした。僕はいろんなことを質問しちゃうので、藤木さんにお子さんの話を聞いたり、中谷さんとは旅の話題で盛り上がったりして。そういう、カメラに写ってない部分ってすごく大切なんです。何気ない会話のなかでいい雰囲気が生まれることがありますから。それって、人生も同じだと思う。ドラマや映画では、抜粋されたハイライトしか見えないけど、実は描かれていない日常の部分こそが、とても重要なんだと思います」