人工流れ星衛星2号機、ALEが11月25日から打ち上げウィンドウを設定

©株式会社sorae

株式会社ALEは11月6日、人工流れ星計画の衛星2号機(ALE-2)を2019年11月25日からのウィンドウ(日程)にて打ち上げると発表しました。

ALEは高度400キロメートルに設置された人工衛星から、直径約1センチメートルの流星源を放出することで、高度60〜80キロメートルの大気圏で燃え尽きる最中に人工流れ星を実現します。

すでに今年1月には人工衛星の初号機(ALE-1)を打ち上げており、2020年春に広島・瀬戸内を中心とした直径約200キロメートルの範囲で人工流れ星がみられる予定です。

ALE-2はロケット打ち上げプロバイダーのSpaceflightと契約し、ロケット・ラボのエレクトロンロケットでニュージーランドから打ち上げられます。打ち上げウィンドウは11月25日から14日間です。

そして打ち上げ後には数ヶ月にわたり試験運用をおこない、2020年に人工流れ星を実証します。なお、場所は現在検討中とのことです。

関連:人工流れ星のALE、宇宙デブリ拡散防止装置の開発でJAXAと提携

Image/Source: ALE
文/塚本直樹