東証、午前終値2万3343円

アジア株安で利益確定売り

©一般社団法人共同通信社

 週明け11日午前の東京株式市場は、前週末までの上昇を受けた利益確定売りが出て、日経平均株価(225種)は5営業日ぶりに反落した。朝方は前週末の米株高の流れを引き継ぎ上昇して始まったが、アジア株安などもあり徐々に売りに押された。

 午前終値は前週末終値比47円95銭安の2万3343円92銭。東証株価指数(TOPIX)は横ばいの1702.77。

 香港デモを巡る警察の発砲などを背景に、上海株や香港株が下落。11日発表の9月の機械受注統計が悪化したことも売り材料となった。