日産 「ニッサン・パビリオン」が2020年夏オープン【動画】

©株式会社モータープランニング

日産自動車は2019年10月22日、グローバル本社近隣の「みなとみらい21中央地区60・61街区」の一部に、4ヶ月間の期間限定で、2020年夏に「ニッサン・パビリオン」をオープンすると発表した。

「ニッサン パビリオン」は、日産の革新的な商品や技術の展示をメインとし、日産が描くモビリティの未来もインタラクティブに体感できる施設だ。

国内の来訪者はもちろん、2020年に向けてますます増加が見込まれる海外からの来訪者も楽しめるコンテンツを用意し、さらに新型車をグローバルに発表する場としても活用する計画だ。

星野朝子副社長は、「2020年、全世界が日本に注目します。私たちはニッサン パビリオンを通して、技術の日産が提供する世界最先端のテクノロジーやイノベーション、そしてニッサン・インテリジェント・モビリティにより実現する、ワクワクするモビリティ社会の魅力を世界各国へと発信して参ります」と語っている。

「ニッサン パビリオン」の敷地面積は約1万平方メートルで、横浜市との連携協定の一環として夏季4カ月間開設される。最先端の運転支援技術「プロパイロット」や「見えないものを可視化する」将来技術「Invisible-to-Visible (I2V)」のほか、「電気」を軸に、EVのある暮らし・社会をより豊かにするためのソリューション「Nissan Energy(ニッサン・エナジー)」など幅広い日産の先進技術を展示する予定だ。

日産関連記事
日産自動車 公式サイト