人気ブロガーの刺殺認める

無職男、責任能力争点に

©一般社団法人共同通信社

 福岡市中央区で昨年6月、ITセミナーの講師で、人気ブロガーとしても活躍していた岡本顕一郎さん=当時(41)=が刺殺された事件で、殺人などの罪に問われた無職松本英光被告(43)は11日、福岡地裁で開かれた裁判員裁判初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。弁護側は、刑事責任能力を争う姿勢を示した。

 検察側は冒頭陳述で「ネット上の告知で被害者が福岡に来ると知り、殺害を計画した」と述べた。

 弁護側は、被告が当時犯行を押しとどめる能力が衰えており、心神耗弱状態だったと主張した。福岡地検は精神鑑定の結果を踏まえ、責任能力を問えると判断して起訴している。