モトーラ世理奈、美の秘訣は「シンプルなスキンケア」 小さなクリームを持ち歩く

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「RICE FORCE BE YOURSELF」。11月2日(土)のオンエアでは、モデル、女優で活躍し、シンガーとしてもデビューをしたモトーラ世理奈が登場。「読書」や「スキンケア」について訊いた。

■村上 龍の著書をたまたま買ったら......母親とのエピソード

ひょんなことから読書の秋を楽しみだしたというモトーラは、家族とのエピソードを披露。

モトーラ:最近本を買いました。普段は読書をしないのですが、今回の映画で待ち時間が多くて。ずっと携帯を触るというのは目が疲れるし、つまらないから「なにか本を読もうかな」と思って。この前は本屋さんに行って村上 龍さんの『限りなく透明に近いブルー』を買いました。そのとき本当は『コインロッカー・ベイビーズ』もほしかったけど、なかったんです。家に帰ってお母さんに「今日こんなの買ったんだ」って見せたら、「家に『コインロッカー・ベイビーズ』あるよ」って、「あったんかい!」みたいな(笑)。私は本屋さんでたまたま気になって『限りなく透明に近いブルー』を買ったんですけど、なんと家に村上 龍さんの本がたくさんあったという。遅いですけど、読書の秋にしたいなと思っています。

■スキンケアの秘訣は「ストレスを与えすぎない」

普段実践しているスキンケアについて、モトーラはストレスを与えすぎないことを心がけていると明かした。

モト―ラ:あまり普段は化粧をしないというのと、あまり(肌に)ストレスを与えすぎないということ。シンプルに化粧水とクリームぐらいです。ストレスになりすぎないほうがいいんじゃないかということを心がけてます。あまりべたべたになりすぎないくらいに、クリームは小さいサイズのを持ち歩いて、ちょっと乾燥したら塗るようにしています。

また、モト―ラは最近、教えてもらったという顔面マッサージを実戦しているのだそう。

モト―ラ:指の関節をグーみたいに曲げて、ぐりぐりするっていう。頭のほうから顔の骨を、輪郭に沿ってやると、メチャメチャ痛いんですよ。でも痛いぐらいが気持ちいいので、それを教えてもらいました。すっきりして目が覚めるし、自分の手でもできるから朝起きてやりたいなと思って。

モト―ラは11月1日に公開された、Sexy Zoneの佐藤勝利が主演する映画『ブラック校則』に出演。「黒髪以外禁止」という学校の校則により、生まれつき色の髪を黒く染めるよう強制される、ヒロインの希央を演じる。

【番組情報】
番組名:『RADIO DONUTS』
放送日時:毎週土曜 8時-12時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts