ラグビー日本代表のキャプテン、リーチ・マイケルが抱く「試合前の恐怖」とは

©株式会社J-WAVE

11月4日(月・祝)18時からJ-WAVEでは『J-WAVE SPECIAL Mastercard PRICELESS MOMENTS~Rugby World Cup2019~』(ナビゲーター:サッシャ・望月理恵)をオンエア。多彩なゲストを迎えて日本中を熱くした「ラグビーワールドカップ2019™」を総括し、日本代表のキャプテンとしてチームを史上初のベスト8に導いたリーチ・マイケル選手のスペシャルインタビューを紹介した。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月11日28時59分まで)

■娘から言われたこと

番組のテーマは「PRICELESS MOMENTS」。準々決勝の南アフリカ戦で日本が敗れたあとにリーチ選手が愛娘の真依さんをグラウンドピッチにあげ、肩車しているシーンはまさにプライスレスな瞬間だった。もともと予定していたことなのだろうか。

リーチ:最初から考えていました。いろんな選手が試合のときに自分の子どもをグラウンドピッチ内に連れてきていましたが、僕の場合は全試合終えた最後だけ連れていこうかなと。あのとき、娘から「1000日ずっと家にいてほしい」と言われて「1000日いるよ」と答えました。奥さんとは「お疲れ様」だけですね。

■対戦前にリーチ選手が抱いていた恐怖

グループステージ2戦目でアイルランドを撃破した際、リーチ選手が喜んだ時間はメディアでは30分と伝わっているが、実際はもっと短く、即切り替えて次のサモア戦に向けて準備を行ったという。次々と立ちはだかる世界の強豪国との対戦を前に、リーチ選手は毎回恐怖心を抱いていたそうだ。

リーチ:自分が仲間をがっかりさせたり、自分の役割をきちんとやれなかったりすることが一番怖い。ひとりが自分の役割を果たせなかったら、チームや戦術が成り立たちません。勇気をもって80分試合に臨んだと思います。

グループステージプールAで見事1位通過し、連戦連勝で史上初の決勝トーナメントに進出。そのときの感覚は......。

リーチ:ワールドカップの試合を永遠に続けたいと思っていました。多くの人たちの前で日本のジャージを着て、デカい人と戦って。すごくラグビー選手として楽しかったです。これ以上の最高の舞台はなかったですね。

今大会ではリーチ選手がボールを持つと地鳴りのように「リーチ!」という歓声があがっていた。自国開催で観客の応援は届いていたのだろうか。

リーチ:(「リーチ!」の応援は)途中で気づきました。また、僕たちがいいプレーしたときに喜んだり、ピンチのときに応援してくれたり、自分たちの背中を押している感じはありましたね。自国開催の応援はすごいと感じました。

■ラグビーはいろんな人にメッセージを与えるスポーツ

最後にリーチ選手から、今大会をきっかけにラグビーを好きになったリスナーに向けて伝えたいことを聞いた。

リーチ:ラグビーというスポーツは、いろんな人にメッセージを与えるスポーツだと思います。体を犠牲にする場面もたくさんありますが、それを楽しめる人もたくさんいるはずです。今後はラグビーのトップリーグの応援もよろしくお願いします。

J-WAVEがリーチ・マイケル選手にインタビューを行うのは今回が2度目。以後、選手みんなでマッサージ中にJ-WAVEを意識的に聴いているという。そして、リーチ選手が試合前に聴く音楽のジャンルはメタル。メタリカがお気に入りだそうだ。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月11日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE SPECIAL Mastercard PRICELESS MOMENTS ~Rugby World Cup2019~』
放送日時:11月4日(月・祝)18時-20時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/holiday/20191104_sp/