地質調査の許可、撤回を県に要請

上関原発反対の地元住民など

©一般社団法人共同通信社

上関原発建設に伴う地質調査許可の撤回を求め、山口県の担当者(右)に申し入れ書を渡す住民団体関係者=11日、山口市

 中国電力(広島市)が、山口県上関町で計画する上関原発の建設に伴い海底の地質調査を14日から予定しているため、計画に反対する地元の住民団体などが11日、県に調査許可の撤回を求めた。

 申し入れ書は、県が海でのボーリング調査に必要な許可を出したことを「私たちの不許可の申し入れを無視した不誠実極まる行為」と批判。許可撤回を求め「認められなければ中国電の作業に徹底して抗議を続ける」とした。県は「調査は事業者自らの判断と責任により行われると認識している。撤回することは考えていない」と回答した。