【特集】都城市の国際化の取り組み(1)

©株式会社VOTE FOR

近年、情報通信技術の発達や交通・輸送網の拡大などによりグローバル化が急速に進み、人材の育成や国際化推進のための環境づくりが喫緊の課題となっています。
そこで市は、平成20年度に国際化推進プランを策定し、国際化施策に取り組んできました。今回は、本市の国際化のための取り組みを紹介します。

本市の目指す国際化とは、「国籍・民族問わず笑顔が広がるまち」をつくることです。そこで市では、「世界をぐっと近くに!」をスローガンに、次の4つの方針を軸に国際化に向けた取り組みを進めています。

●1 国際感覚豊かな人づくり
海外から招致した自国の文化などを市民に発信する国際交流員の積極的な活用や、グローバルな視点を養うための研修会の実施など、国際理解のための取り組みを進めています。
また、外国語指導助手(ALT)を活用した英語教育の充実を図ったり、国際化に対応できる人材の育成のための教育にも力を入れています。

●2 多様な国際交流・協力の促進
モンゴル国ウランバートル市、中国重慶(じゅうけい)市江津(こうしん)区の2つの都市と友好交流都市を締結しています。
各都市との文化交流のほか、都城国際交流協会の支援などの国際交流や協力活動の基盤づくりを進めています。

●3 多文化共生社会の構築
災害時などに、やさしい日本語や多言語で防災情報を提供したり、日常生活で必要な日本語学習を支援したりするなど、安全で安心な社会環境を整備しています。
また、さまざまな場所で活躍している外国人市民を広く紹介したり、市の事業計画立案する際に、外国人市民の参画を促しています。

●4 観光・経済交流の促進
観光地の無料Wi-Fi(ワイファイ)増設などの環境整備に加え、ホームページやSNSを積極的に活用した海外向けの情報発信を行うことで、本市を訪れる外国人観光客誘致を進めています。
また、海外への農畜産物の販売力強化や、市内の企業に対し、海外のバイヤーとの商談の場に、参加を呼び掛けるなど、海外展開を推進しています。

■国際交流員に聞いてみました!
現在、モンゴル・中国・オーストラリア出身の3人が、国際交流員として活動をしています。
今回、その3人に、活動内容と都城に来て感じたことをインタビューしました。

◆モンゴル国際交流員
ルイメド・ソヨルマーさん(平成27年9月~)

◇国際交流員としての活動
ウランバートル市との中学・高校生向けの青少年友好交流事業に携わっていて、通訳や引率を務めています。昨年は、モンゴルからの交流団を受け入れ、関之尾滝や高千穂牧場などを一緒に巡り、親睦を深めました。宿泊先は市内の一般家庭なので、家族の触れ合いがあり、別れの際は涙を流す参加者もいます。交流後、文通やSNSでやりとりをしているという子どもの話を聞いたときは、言葉が通じなくても、国境を越えて絆を育むきっかけを作れたと、とてもうれしくなりました。

◇都城は第二のふるさと
都城に来て5年目を迎え、「第二のふるさと」と言えるほど愛着があります。実際に、都城で体験したことや感じたことを子どもたちに伝えていきたいと思います。

◆中国国際交流員
銭 慧文(せんけいぶん)さん(平成30年5月~)

◇国際交流員としての活動
私たち国際交流員は、語学を教えるALTとは違い、日本とは異なる国の文化や伝統などを伝える活動を行っています。たとえば、ハロー市役所元気講座では、大人向けに中国の伝統や文化などを紹介。子ども向けの講座では、クイズやゲームを取り入れることで、中国文化を楽しく学ぶ機会を提供しています。

◇都城に来て感じたこと
私は、日本の文化などが好きなこともあり、中国の大学で日本語を専攻していました。国際交流員として、都城に来てからは、緑豊かな自然や、気さくな市民の人柄に触れ、都城に来て良かったと改めて感じました。食べ物や文化、習慣の違いがたくさんあり、毎日が発見の連続です。まだまだ知らないこともあるので、もっと都城のことを知りたいです。

◆オーストラリア国際交流員
ジョージ・ウィリアム・グーナンさん(平成30年8月~)

◇国際交流員としての活動
ラジオやテレビでオーストラリアの文化を伝えたり、外国人市民向けに病院の受診方法や災害時の避難方法などを教える生活安全交流会に参加したりしています。当初は、交流会に参加する外国人は少なかったのですが、徐々に増えてきて、今では、毎回20人ほど集まるようになりました。非常食の試食などをしながら和気あいあいと交流を深めています。

◇より多くの触れ合いを
日本語は、ある程度勉強していましたが、国際化推進室の窓口に来た年配の人の「みやこんじょ弁」の聞き取りには本当に苦労しました。現在は、少しずつ都城の方言に慣れてきています。
都城の人は、親切な人ばかりなので、もっと多くの人と話したいです。ぜひ、遊びにきてください。