第8回 地域包括ケアシステムの深化・推進に向けて

©株式会社VOTE FOR

要介護認定には、認定期間が定められており、引き続き、介護保険サービスを利用するには、「更新申請」を行わなければなりません。

■平成30年度の更新申請者1331人の分析
前回の認定と更新後の認定を比較し、介護度が下がった場合を「改善」、介護度が同じだった場合を「維持」、介護度が上がった場合を「悪化」とします。
・改善 286人 21.5%
・維持 648人 48.7%
・悪化 397人 29.8%

■「要介護2」の更新申請者201人の分析
「要介護2」だった方が、更新申請をした結果、
・改善 59人 29.4%
・維持 75人 37.3%
・悪化 67人 33.3%
改善、維持、悪化の割合が、ほぼ同じとなりました。「要介護2」の段階が、いかに悪化させないかの分岐点となるようです。