神奈川県警の男性警部補が暴行か

任意で聴取、不祥事相次ぐ

©一般社団法人共同通信社

 神奈川県警の男性警部補が横浜市の路上で男性を殴ったとして、県警が暴行容疑で任意の事情聴取をしていることが11日、捜査関係者への取材で分かった。県警では10月以降、特殊詐欺事件に関与してキャッシュカードを盗んだとして巡査が逮捕されるなど、不祥事が相次いでいる。

 捜査関係者によると、警部補は9月、信号待ちをしていたバイクの男性に「バイクの音がうるさい」と言って殴った。当時、酒に酔っており、男性の通報で駆け付けた警察官に暴行を認めたという。

 県警では特殊詐欺事件以外にも、10月に雑居ビル階段への建造物侵入容疑で別の警部補を現行犯逮捕した。