がんばってます!スポーツ少年団「筑後ジュニア陸上競技クラブ」

©株式会社VOTE FOR

平成2年開催の「福岡国体(とびうめ国体)」の陸上選手を育成することをめざして、昭和59年に発足した筑後ジュニア陸上競技クラブは、今年で35周年を迎えます。目標にしていた国体選手に第1期生が選ばれ、また、これまでに小学生の全国大会に17回出場。歴史と伝統のあるクラブです。
走りが得意な子・得意になりたい子など、現在、小学生を中心に約50人が所属し、大会や記録会に向けて練習に励んでいます。
クラブの理念は「友達を作ろう」「けがをせず練習に参加しよう」「大会に出ていろいろ経験をしよう」。田中純彦監督は「外で元気に体を動かす。そして、いろんなスポーツの基礎になる『走り』をしっかり身に付けてほしいです」と話しました。
※同クラブでは、随時部員の入会を受け付けています。練習は、毎週土曜日の午後3時~5時、八女工業高等学校第2グラウンド(雨天時は窓ケ原体育館)です。体験も受け付けています。