No.7月刊富士見オリパラ新聞

©株式会社VOTE FOR

■セルビア共和国 レスリング
東京五輪への出場権を獲得

世界大会で結果を残しオリンピック出場へ

カザフスタンで9月14日~22日に開催された2019レスリング世界選手権大会で、セルビア共和国のマテ・ネメシュ選手(67kg級)とミシャ・カジャヤ選手(97kg級)が銅メダルを獲得、ステヴァン・ミチッチ選手(57kg級)が5位に入賞し、東京2020オリンピック競技大会への出場権を獲得した。
セルビア共和国はリオデジャネイロオリンピック2016のレスリング競技で金メダリストが誕生。世界レスリング連盟が定める世界ランキングでは上位の選手を複数名擁しており、今回の大会でもメダル獲得が期待されている。
市では、東京2020オリンピック競技大会前に、市民総合体育館で出場選手の事前キャンプを受け入れると同時に選手との交流事業を行う予定だ。

問合せ:生涯学習課
【電話】内線633

▽出場権を獲得した選手
〇マテ・ネメシュ選手 男子 グレコローマン 67kg級
〇ミシャ・カジャヤ選手 男子 グレコローマン 97kg級
〇ステヴァン・ミチッチ選手 男子 フリースタイル 57kg級

担当:生涯学習課
【電話】内線633