environment hygiene環境衛生

©株式会社VOTE FOR

●家庭で出たごみ、燃やしていませんか?
市内各地から、野焼きに関する苦情が寄せられています。
家庭のごみなどを庭先で燃やしているといった内容のほか、稲刈り後の稲わらやもみ殻、枝葉を田畑で燃やしているケースもあります。これらの廃棄物全般において、野焼きは法律で禁止されており、罰則規定もあります。
社会慣習上の行事(どんど焼き等)などによる焼却が例外的に認められていますが、これらの場合も周辺に影響の出ないように行う必要があります。ごみは指定のごみ袋に入れて処分してください。
(警察による野焼きの検挙事例)
(1)木くず約32kgを空き地で野焼き
罰金20万円
(2)竹など約16kgを畑で野焼き
罰金20万円

●違法な不用品回収業者で処分していませんか?
『テレビなどの家電や家庭の不用品を無料で回収します』などといったチラシを配布して軽トラック等で巡回する業者が見受けられます。
家庭からの廃棄物を回収する正規の業者は「一般廃棄物収集運搬業許可」を持っています。
「無料回収」をうたう業者のほとんどは無許可業者です。「無料と思って頼んだら、高額な料金を請求された」「自分が頼んだ不用品が近くの空き地に捨てられていた」といったトラブルが全国的に発生しています。
こうした業者が回収した家電製品が、適正に処分されないまま野積みにされ火災が発生したり、外国に輸出されて環境汚染の原因になっている例があります。
違法な不用品回収業者を利用せず、適正な処分をしましょう。

●粗大ごみの処分方法
指定のごみ袋に入らないごみは粗大ごみとなり、ごみステーションには出せません。
処分に当たっては次の2通りの方法により処分してください。
処分方法:
(1)もとみやクリーンセンターへの直接持ち込み
(2)ご自宅への訪問引き取り
※収集日は毎月10日と25日

処理手数料:
(1)直接持ち込み無料
※ただし、畳・ふとん・マットレスは有料(10kg当たり130円)

(2)訪問引き取り有料
1点当たり1350円
※4点以上は割り引きがあります。

申込方法:訪問引き取りについては、収集日の10日前までに、下記へお申し込みください。
※テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機といった家電リサイクル法対象家電品は、粗大ごみとして処分できません。そのほか受け入れできない品目や処分方法については、お問い合わせください。

問い合わせ:生活環境課環境衛生係
【電話】0243-55-5103
【FAX】0243-22-4479

●お宅の生活排水は、大丈夫ですか?
単独浄化槽やくみ取り便槽の場合、お風呂、流し台、洗面所の水はそのまま側溝へ流れ、においの原因になります。下水道が整備されている区域では下水道に、整備されていないところでは合併浄化槽にして、水環境を守りましょう。

問い合わせ:上下水道課下水道管理係
【電話】0243-55-5138
【FAX】0243-62-1033