何これ楽しい!子どもが乗れちゃうスーツケースに限定品が登場【ラクに楽しく♪特集】

©株式会社ベビーカレンダー

この記事では、ライドオン(乗る)機能がついた子ども用スーツケース「ジェットキッズ by ストッケ ライドボックス」を紹介しています。この秋、数量限定で「新幹線コレクション」が発売中です!

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。

ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中!

ノルウェー生まれのベビー用品ブランド・ストッケから、ライドオン(乗る)機能がついた子ども用スーツケース「ジェットキッズ by ストッケ ライドボックス」の「新幹線コレクション」が数量限定で発売中です!

今回は、ライドボックスの機能と合わせて3つのデザインをご紹介します。

*JR東日本商品化許諾済

ジェットキッズとは

パイロットの夫と航空業界で働く妻である2人が、大変だった子連れ旅行の経験を生かして誕生したのがジェットキッズ。2015年の誕生以降、世界中のたくさんの家族旅行で使われるようになりました。

ジェットキッズは子ども用のスーツケース。機内持ち込み可能で簡易ベッド機能のついた「ベッドボックス」、空港等での移動に便利な乗る機能に特化した「ライドボックス」、ライドボックスに簡易ベッド機能を追加するための「ライドボックス スリーピングキット」があります。

ライドボックス 新幹線コレクション

日本限定・数量限定で発売されたのが「ライドボックス 新幹線コレクション」。グリーンに鮮やかなピンクが可愛いE5系はやぶさと、シックな色合いのE6系こまち、ブルーが大好きな男の子にぴったりなE7系かがやきの3種類がラインナップされています。新幹線コレクション限定オリジナルステッカーがついているので、カスタマイズして自分だけのデザインにすることもできます。

子どもが乗っていて楽しいデザインなので、旅先や移動中でもぐずることなく過ごせそうです。もちろん、乗るだけでなく中に荷物を入れることもできます。機内で遊ぶおもちゃや体温調節の上着などを入れておくのにも便利です。

※鉄道のホーム等危険な場所では絶対にお子さまを乗せないでください。思わぬ事故につながる可能性がありますので、移動の際は常にお子さまと製品から目を離さぬようお願いいたします。

スリーピングキットを使えばベッドに変身!

ライドボックスにスリーピングキットを追加すれば、ベッド機能をプラスすることも可能。飛行機や電車・フェリーなどのエコノミー座席が、あっという間に子どものためのファーストクラスシートに早変わりします。また、ライドボックスの中に収納することができるので、持ち運びもラクちんです。

年末年始の帰省や旅行など、子どもとの移動は大変なことも多いです。広い空港を歩き続けたり、機内でぐっすり寝られないと子どももますます機嫌が悪くなってしまいそう。ライドオン(乗る)機能がついた子ども用スーツケースを使えば、ラクにお出かけが楽しめそうですね。

商品名:ジェットキッズ by ストッケ ライドボックス 新幹線コレクション

内容:ライドボックス、ストラップ、A4サイズステッカー2枚、他
価格:18,000円(税抜)
ライドの目安として3歳〜7歳ごろまで。身長120〜130cm、体重35kgまで対応。

商品名:ジェットキッズ by ストッケ ライドボックス スリーピングキット

内容:フタ用の延長可能プレート、マットレス&サイドパネル、取付用ネジ
価格:5,500円(税抜)

ベッドの目安として2歳〜5歳ごろまで。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。


著者:ライター サトウヨシコ

大学卒業後、大手食品会社に勤務。未経験から編集者を目指し転職。その後、結婚と出産を経て妊娠・育児雑誌のディレクターに。WEBメディアの新規事業立ち上げをし、2017年に株式会社フラミンゴミンゴを設立し、現在は数々のメディアに携わっている。


「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡