【プレミア12】逆転勝ちを呼び込んだ周東の快足! 二盗、三盗、生還に「すごい気持ちいい」

©株式会社Creative2

自慢の足でチームの勝利を呼び込んだ侍ジャパンのソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】

源田のセーフティバントには「信じてホームにいこうと」

■日本 3-2 オーストラリア(プレミア12・11日・ZOZOマリン)

 野球日本代表「侍ジャパン」は11日、ZOZOマリンスタジアムで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド初戦オーストラリア戦を戦い3-2で逆転勝ちした。7回に代走で出場した周東が2つの盗塁を決め同点のホームを踏んだ。

 自慢の足でチームの勝利を呼び込んだ。1点を追う7回に先頭の吉田が中前打で出塁すると周東が代走で登場。二盗、三盗を決め2死三塁の好機を作ると源田のセーフティーバントで同点のホームを踏んだ。

 試合後、周東は「すごい気持ちいいですね」と笑顔。緊迫する場面での出場だったが「この回で返って同点にしていこうと思った。思い切っていかないといけない場面」と振り返った。

 2死三塁から源田がセーフティーバントを試み見事生還したが「ビックリしたが、信じてホームにいこうと」と語っていた。(Full-Count編集部)