V長崎 5試合ぶり白星 4位山形に3-1

©株式会社長崎新聞社

【山形-V長崎】後半24分、勝ち越し点を決めて喜ぶV長崎の吉岡(右)。呉屋とハイタッチ=山形県天童市、NDソフトスタジアム山形

 明治安田J2第40節最終日(10日・NDソフトスタジアム山形ほか=9試合)V・ファーレン長崎は4位山形に3-1で逆転勝ちし、5試合ぶりに白星を挙げた。通算成績は17勝5分け18敗(勝ち点56)。順位は前節の12位から変わらなかった。
 V長崎は前半12分にCKから先制点を許したが、28分に呉屋の決定機を阻止した相手DFが一発退場すると、流れが変わった。44分に澤田のゴールで追いつき、後半24分に吉岡が勝ち越し点、30分にイバルボが追加点を決めた。
 上位争いは横浜FCが徳島を1-0で下し、勝ち点73で2位に浮上。大宮は栃木と引き分け、得失点差で3位となった。この結果、勝ち点78で首位に立つ柏のJ1昇格決定は次節以降に持ち越した。
 第41節は16日、各地で計11試合を実施。V長崎は午後2時から諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で21位栃木と対戦する。