松本(島原工高出身)五輪へ 男子ライフル3姿勢

©株式会社長崎新聞社

初の五輪出場を決めた松本(自衛隊)=ドーハ

 ライフル射撃のアジア選手権は10日、ドーハで行われ、東京五輪代表の最終選考会を兼ねた男子ライフル3姿勢120発で県立島原工高出身の松本崇志(35)=自衛隊=が日本勢最高の11位に入り、初の五輪代表に決まった。ライフル射撃の長崎県勢の代表入りは、1988年ソウル五輪に出場した松尾薫(県立島原工高-自衛隊)以来、2人目。
 松本は「まだ、実感が湧かない。課題が残る内容だったので、うれしさ半分、悔しさ半分。出るからにはメダルを取りたいから、残された時間でできることを積み上げていきたい」と本番での活躍を誓っている。