ハードボイルド&ミステリー『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第5話あらすじ※ネタバレあり※

©株式会社AXNジャパン

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第5話あらすじを紹介します。10億円強奪事件、碓氷薫(演:広末涼子)殺害事件を追う清春(演:賀来賢人)の前に裏の権力“ニッポンノワール”が立ちはだかります。そして、今回のストーリーでは、10億円事件の真犯人が明かされます。全5話のあらすじをチェックしてみてください。

第5話は、第1部完結編とされ、前回4話の視聴率6.5%から、今回の5話放送の視聴率が7.1%にアップしました。
第5話のラストで10億円事件の真犯人が明らかになり、第6話には第2部スタートとなり、新たな展開になっていくようです。
1話~4話のあらすじも含めてチェックしてみてください。

ハードボイルドな刑事ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第1話あらすじ※ネタバレあり※ 海外ドラマboard

刑事全員が容疑者⁉『ジャパンノワールー刑事Yの反乱ー』第2話あらすじ※ネタバレあり 海外ドラマboard

警察の黒幕は誰だ⁉『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第3話あらすじ※ネタバレあり 海外ドラマboard

ラスト衝撃の事実が発覚!『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第4話あらすじ※ネタバレ 海外ドラマboard

碓氷薫の息子・克喜は事件の鍵?

前回のストーリーラストでは、清春(演:賀来賢人)が、碓氷薫(演:広末涼子)から息子・克喜(演:田野井健)の父親だと明かされました。
薫は、清春と克喜のDNAを照合し、2人が父子だという結果も清春に突きつけていました。
10年前、警察学校の生徒だった清春は、当時講師だった薫を、相談があると言ってホテルのラウンジに誘い、一夜の関係を持ったのです。
薫にとっては、一夜限りの関係ではなく、克喜の存在と共に色んな想いを抱えて生きてきたのです。
今回のテーマは、克喜が清春が父子という繋がりだけでなく、克喜が事件の全貌に関わる鍵となってくるようです。

ガスマスクの男は才門ではない?

克喜は、南武から自分が父親じゃないと聞き、清春に「僕の父親は誰なんでしょうか?」と疑問を投げかけます。
動揺した清春は、自分が父親という事は告げずに、克喜を学校へ行くよう部屋から追い出してしました。
喫茶店「bonnaro」では、才門が克喜の父親が清春だという事を、喜一や咲良に暴露します。
清春は、克喜が自分の息子だと薫から告白された事以外、事件についての記憶はまだ思い出せずにいました。
才門は偶然通りかかってガスマスクの男に襲われそうになった清春を助けたと言いますが、貸し切りの遊園地で偶然はありえないと清春は才門がわざと遊園地にいて、ガスマスクの男は才門じゃないかと疑います。
才門は、「ナイセンスだ」といって否定します。

ニッポンノワールとは

喜一は、都市伝説のような話として“ニッポンノワール”という名を耳にした事があると言います。
才門は、公安部が警察の中の警察だとしたら、“ニッポンノワール”は警察の外の警察で、現警察では取り締まれないほどの権力を持ってると言います。
しかし、ニッポンノワールは10億円強奪事件の黒幕ではなく、むしろ被害者側との事でした。なぜなら奪われた10億円は、セイラの警察の極秘プロジェクトであり、ニッポンノワールの資金でだったからです。
才門は、薫はセイラの為にニッポンノワールの存在を突き止め、そのせいで殺されたのかもしれないと言います。
ニッポンノワールの話をしていると、喫茶店の外からガスマスクの男がライフルで店内に向けて発砲してきました。
ガスマスクの男の襲撃を受け、清春は男を追い、格闘となりますが、ライフルを発砲され、逃げられてしまいました。
そして、清春がガスマスクの男を追ってたどり着いた倉庫の壁にはニッポンノワールの「N」のマークが描かれていました。
清春はその「N」マークが、薫が殺された山小屋にも刻まれていた事を思い出します。

南武のアリバイ工作の真相

江國はガスマスクの男に撃たれましたが、命に別状はなく、病院で治療中でした。
清春は、喫茶店を発砲したガスマスクの男は、遊園地で格闘した男とは別人だと言います。
南武はガスマスクの男と一刻もはやく捜し出すよう、部下たちに指示します。

清春は南武と2人きりになり、ニッポンノワールの事や海外出張を捏造した事などを聞きます。
南武は事前に、薫から自分の身に何かあった場合を考え、南武にアメリカ出張へ行くよう航空券を渡していました。
薫は南武に、息子の克喜ときちんと向き合う為にも事件の真相を明らかにしないといけない、全ては終わってから離すとだけ伝えていました。
一方で、南武は克喜から警察病院の再検査の話を聞き、警察病院との繋がりに何かあると感じてアメリカには行かず、病院に付き添ったのでした。南武は、薫が克喜のために事件を追っていたのは確かだから、目を離すなと釘を刺します。

碓氷薫の父親が登場

南武は上官である碓氷薫の父親(演:大和田伸也)に、そろそろ克喜を返してもらないとな、と言われます。
碓氷薫の父親は、事件の裏のキーパーソンの一人のようです。

そして、清春が克喜に頼まれて三者面談に立ち合為に小学校に行きます。
清春が担任教師(演:バッファロー吾郎)に、「お父さん」と呼ばれたり、反社の人間だと誤解されたり、普段にはないほっこりした一面が描かれています。
そして、担任から克喜がどういう子に育ってほしいか聞かれると、「ああしなきゃよかったとか、こうしなきゃよかったとか、後悔して強くなってくれたらいい」と言います。
そんな清春の言葉が、克喜に強く響いたようです。

ベルムズの現リーダー、陣内

才門は、高砂刑事(演:立花恵理)に協力すると言って、ガスマスク男の情報を伝えます。
それは、ガスマスクの男がベルムズの現リーダー、陣内(演:落合モトキ)という人物だという情報でした。
ベルムズと警察が裏で繋がっているとみて、捜査をします。
南武と清春は、元ベルムズの正臣(演:栄信)にベルムズのアジトを聞き出そうとします。
南武は、最近ベルムズの何人かが行方不明になっていてその謎を解く為にも、陣内のバックにいる奴の存在を知りたいと、正臣を説得します。
正臣は一人で陣内に会いに行って、バックについている警察の人物について聞き出そうとしますが、陣内は応えようとしません。
そこへ清春が押し入ってきて、陣内に花瓶に水をかけて挑発し、清春に手を出した陣内を公務執行妨害で逮捕して連行していきました。

才門は、2つのスマホを眺めて、「どちらにしようかな」と指さします。
1つのスマホには、ガスマスクと同じ模様のマークが付いていました。
ガスマスクの男は自分ではないと否定していた才門ですが、彼がガスマスクの男なのか、それとも男たちに指示して操っている人物なのか、怪しいところがあります。

清春VS陣内

一方、清春はガスマスクの男について、陣内に尋問しますが、一筋縄ではいかないと思った清春は、陣内に拳銃を差し出して挑発。挑発された陣内は発砲し、防犯カメラに命中して破壊させます。
清春は、密室になったとたん「バイオレスは好きだ、血を見るとエキサイトする」と答え、陣内を殴りつけます。

一方、碓氷に呼び出された南武は、陣内を釈放するように言われます。陣内を拘束した清春に職権乱用の疑いがあるらしいから、即刻中止するよう指示します。
しかし南武は、陣内の釈放に応じず、ベルムズと警察が繋がっている事を尋ねますが、碓氷は何もないと否定します。
そして碓氷は裏である人物に連絡をして、「陣内の対応はキミに任せる」と指示を出します。

「3年A組」の諏訪唯月が登場

正臣がバーで飲んでいると、元恋人で人気モデルになった諏訪唯月(演:今田美桜)と半年ぶりに再会します。
これまでは、「3年A組ー今から皆さんは、人質です-」の人物がカメオ出演として登場していましたが、今回はストーリーにも繋がっています。
正臣は、過去の罪から逃れてきた事や、これからやる事に悩み葛藤していました。
唯月は、柊一颯(演:菅田将暉)から「お前は間違っていない」と言われた時の話をして、「正臣のこれからも間違っていない」という言葉を投げかけます。

ベルムズが警察を襲撃

清春は陣内を殴り続けますが、陣内は笑いながら「克喜がどうなってもいいのか、俺はあいつの全てを知っている」と言います。
そこへ、尋問室に宮城が入ってきて、清春を止めて、部屋から引きずり出します。
清春は克喜が心配になり電話しますが、無事のようでした。そして、遅くなるから咲良の所に泊まれと伝えます。
宮城は、清春に警察学校の時に誰が碓氷班長を口説けるか賭けたと言ってたが、その賭けの中に宮城もいたか?と聞きます。どうやら宮城がその賭けの中にいた事を、清春は記憶にないようでした。
宮城は、清春のデマを信じてかけて1万ずつを払ったと言います。
清春は、嘘じゃなくて本当に薫と関係を持ち、その時にできた子供が克喜だったと言います。

そこへ、ベルムズ集団が警察署を襲撃し、陣内を解放しようと暴れ、刑事たちと乱闘になります。

襲撃中に正臣が現れ、「陣内を返してもらおう」といって刑事たちを倒します。
しかし、正臣は陣内を助けると思いきや、ナイフを突きつけて連れていきます。
正臣は、陣内を人質に清春を屋上に呼び出し、今回の襲撃は自分が指揮したと言います。
そして、すべての責任は俺がとると、「これまでの罪をちゃんと償いたい。他の奴はパクらないでやってくれ」と清春に頼みます。
すると正臣が何者かに撃たれて倒れてしまいます。別のビルからガスマスクの男が銃を向けていたのです。
正臣は、最後に「せっかく前を向いて生きていこうとしたのに、カッコつかないよな・・・。次はもっと笑って生きてぇな」と、息絶えます。

ガスマスクの男は、陣内にはまだ利用価値があるから正臣を殺したと言います。
そして、清春は正体を知りたいなら、「ヒントをあげよう」と言って、壁を見るように指し示します。
壁は、ニッポンノワールの「N」マークが映り、清春はそのマークを目にして気を失ってしまいました。

一方、克喜は、咲良に「薬がない」と言い、暴れ出します。
克喜がいつも飲んでいる常用薬の瓶が空っぽです。警察病院での再検査と、彼が飲んでいる薬にも、ニッポンノワールの極秘プロジェクトとの繋がりがあるようです。

清春が目を覚ますと、すでに夜が明けており、正臣の殺害容疑で逮捕されてしまいます。
清春は連行される途中、「Look at Me」と叫んでバイクに乗った才門が現れて助け出されます。

第1部、完結~第2部、始動!

清春は、薫に山小屋に呼び出された事を思い出しました。
薫が清春に、10億円強盗事件の真相を伝えようとしていました。
薫は、真犯人は警察関係者で前科のある未成年を使って10億円を奪うように指示、この事件の根幹には、克喜が関わっていると言います。
そして最後に、「10億円強奪事件の犯人は私よ」と告白したのでした。
エンディング映像では、ガスマスクの男がアクションをしている姿が映されています。男の正体のヒントにもなるようなので、要チェックです。

5話終了後に、番組公式ではドラマの重要ヒントが隠された映像が公開されました。

第6話:11月17日(日)夜10時30分~放送