ムーディーズ・アナリティックスの専門家が信用リスクの将来像に関する新著を刊行

©ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

信用リスク管理の進化の過程を追ったAmnon LevyおよびJing Zhang編「Credit Risk Measurement and Management: Disruption and Evolution」に、エコノミストのNouriel Roubini、KMVとDCIの共同創設者のStephen Kealhofer、プルデンシャルCROのNick Silitchをはじめとする一流の理論家が寄稿

サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 大手金融情報会社のムーディーズ・アナリティックスは本日、ムーディーズ・アナリティックスの専門家でポートフォリオおよびバランスシート・リサーチ責任者のDr. Amnon Levyおよびリサーチ・アンド・モデリング部門グローバルヘッドのDr. Jing Zhangの編集による「Credit Risk Measurement and Management: Disruption and Evolution」を刊行したと発表しました。両者のほか、この書籍には、Dr. Douglas DwyerDr. Tony HughesDr. Ashit TalukderElaine WongDr. Pierre Xu.を含むムーディーズ・アナリティックスの他の専門家も協力しています。

Risk Booksにより出版されたこの書籍は、信用リスク管理に携わる著名な理論家や実務家による幅広い視点をまとめた15章で構成されます。寄稿者は、規制機関、銀行、保険会社、コンサルティング会社、分析会社、革新的フィンテック企業の人々です。これらの寄稿者は、技術、規制要件、地政学的な動向の接点を探求し、結論としてその事業および業務への影響をまとめています。

Levyは、次のように述べています。「規制監督、情報技術の発展、政治的出来事を背景に、過去数十年間に信用リスク管理はかつてない規模で大きく変化してきました。現在だけでなく将来的にも信用リスクを効果的に管理するためには、どの組織もこれらの要素の相互作用を理解する必要があります。」

Zhangは、次のように述べています。「将来の信用リスク管理は、気候変動や世界的な負債など、解決困難と思えるような新たな課題を伴うことになると予想されます。しかしながら、信用リスク管理の進化を研究することにより、各組織はこうした脅威に対応できる態勢を整えることができます。」

この書籍の詳細ならびに購入については、こちらをクリックしてください。

ムーディーズ・アナリティックスについて

ムーディーズ・アナリティックスは、お客さまの成長、効率性の向上、およびリスク管理を支援する金融情報と分析ツールを提供します。当社は、卓越したリスクに対する専門性と広範な情報資源、テクノロジーの革新的な応用を統合して、今日のビジネスリーダーが変化する市場に確信をもって対応できるようサポートします。業界をリードする当社のソリューションは市場で高く評価されており、リサーチ、データ、ソフトウェア、および専門サービスを組み合わせて、優れたカスタマー・エクスペリエンスを提供することができます。当社は、その品質、クライアント・サービス、およびインテグリティに対するたゆまない取り組みを背景に、信頼できるパートナーとして世界中の数千の機関に選ばれています。ムーディーズ・アナリティックスに関する詳細については、当社のウェブサイトをご覧いただくか、TwitterLinkedInで当社をフォローしてください。

ムーディーズ・アナリティックスは、ムーディーズ・コーポレーション(NYSE:MCO)の子会社です。ムーディーズ・コーポレーションの2018年の売上高は44億米ドルで、世界に約1万3200人の従業員を擁し、44カ国で事業を運営しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

GENE KIM
Moody’s Analytics Communications
+1.415.874.6013

Moody’s Analytics Media Relations

moodysanalytics.com
twitter.com/moodysanalytics
linkedin.com/company/moodysanalytics