怒りの暴露!マフレズ 「アーセナル移籍寸前だった」と告白する

©株式会社コリー

岡崎慎司とともにミラクルレスターの一員としてプレミアリーグ優勝に貢献したアルジェリア代表リヤド・マフレズ。

チェルシーをちんちんにしたこの圧巻ゴールは伝説的といえるかもしれない(動画41秒~)。

動画を見たい場合はここをタップ!

キレッキレ! 

レスター優勝で一躍ビッグネームとなったマフレズ。ビッグクラブ行きが何度となく噂されるなか、2018年にようやくマンチェスター・シティへ移籍した。

ただ、アーセナルに加入する可能性もあったそう。『France Football』のインタビューでこう明かした。

リヤド・マフレズ

「自分が最高レベルでやれる2年間を失ったのは間違いない。2年間を失った!

27歳でシティに来るのではなく、24,25歳で来ることができた。

(移籍を)レスターがブロックしたんだ。『君は退団しない、しない!』と告げられたよ。

僕を本当に欲しがってくれたヴェンゲルと代理人は会談していた。

2016年夏にアーセナル行きがほぼ決まりかけていたんだ。

本当にイラついたね」

アーセナル入りが決定寸前だったものの、レスターを阻止されたというマフレズ。そこからシティに移籍するまでの2年間を失ったと感じているようだ。