阪南大高・濱田豪監督「早めに点を取れたことで落ち着いてできた」

©サッカードットコム株式会社

 11月10日、第98回全国高校サッカー選手権大阪予選準決勝がヤンマーフィールド長居で行われ、阪南大高金光大阪プリンスリーグ関西勢同士の対戦となった一戦は阪南大高が5得点の圧勝で金光大阪を下した。

 勝利した阪南大高の濱田豪監督は試合後「うちには珍しく良い入りが出来た。早めに点を取れたことで落ち着いてできたなと思います」と試合を振り返り、後半からシステムを変えたことに関しては「あの形を含めいろんな形でこの一年準備をやってきたので良かったですね」と話し、決勝に向けては「先週があって(準々決勝で履正社に苦しんで勝利した)の今日の入りだったと思うので、今日点が入りすぎてしまった分、引き締めて緊張感をもって決勝に挑めるように準備したいと思います」と語った。