訪日客おもてなしへ 元五輪選手が提言 県生活衛生推進大会で講演

©株式会社愛媛新聞社

元五輪選手による講演やパネルディスカッションがあった県生活衛生推進大会=11日午前、松山市湊町5丁目

 理美容や飲食など13種の業者で構成する県生活衛生同業組合連合会主催の県生活衛生推進大会が11日、松山市であり、約200人が参加した。愛媛ゆかりの元五輪選手が、2020年の東京五輪・パラリンピックでの訪日外国人客増に備え、おもてなしの在り方について語った。

 ミュンヘン五輪競泳金メダルの田口信教さん(西条市出身)が講演。多数の海外渡航経験から、スマートフォンの翻訳アプリなどで言葉の壁はクリアできるとし「商品がどんなものか説明するため、QRコードを(パッケージに表示するなど)活用してみては」と提案した。