しらせ、南極へ出港

61次隊、1月上旬到着

©一般社団法人共同通信社

南極へ向け出港する観測船「しらせ」=12日午前、東京都中央区

 南極観測船「しらせ」が12日、第61次の観測隊員や物資を南極に運ぶため、東京・晴海客船ターミナルを出港した。大部分の隊員は27日に成田空港から飛行機でオーストラリアに向かい、西部フリマントルでしらせに乗船。そこから南極へ向かい、拠点の昭和基地への到着は来年1月上旬を予定している。

 第61次隊は、気候変動に伴って融解が懸念されている南極の「トッテン氷河」を集中的に観測する。昭和基地の周辺では池の底の堆積物を採取し、昔の南極氷床の状態を探る。

 第61次隊の構成は、夏隊42人と越冬隊29人の計71人。他に高校教員や共同通信記者ら21人も同行する。