関電金品受領で徹底究明を要望

「還流」疑惑、反原発団体

©一般社団法人共同通信社

関西電力役員らの金品受領問題を受け、大阪市の担当者(右)に要望書を提出する反原発団体の代表者=12日午前、大阪市役所

 関西電力役員らの金品受領問題を受け、大飯原発(福井県)などの再稼働に反対する「避難計画を案ずる関西連絡会」は12日、「原発マネー還流」の徹底究明を筆頭株主の大阪市から政府や国会に求めるよう市に要望した。

 大阪市役所で担当者に要望書を提出。「(関電が設置した)第三者委員会では徹底究明は不可能」と主張し、関電は原発の運転などをストップすべきだとしている。

 さらに「関電幹部は金品受領について社内調査報告書の内容を株主総会に報告せず隠した。危険な原発の運転を任すことはできない」と強調した。市は「対応を検討する」と述べた。