来オフFA流出阻止へ勝負の契約更改 ヤクルト山田、G小林...「複数年」結ぶのか

©株式会社ジェイ・キャスト

プロ野球の契約更改がセ・パ両リーグで始まった。各球団それぞれ若手選手が順次、来シーズンへ向けて契約更改を行っている。例年、主力選手の契約更改は年末になることが多く、国際大会「プレミア12」が開催中とあって、日本代表クラスは今2019年も12月の契約更改となりそうだ。

画像はイメージ

今オフの契約更改が注目されるのは、「プレミア12」に参戦中のヤクルト山田哲人内野手(27)と巨人・小林誠司捕手(30)だ。2人とも順調にいけば来シーズン中に国内フリーエージェント(FA)権の取得が見込まれる。ヤクルト、巨人ともに来オフのFA流出阻止に向けて「年俸アップ+複数年契約」を提示するとみられ、山田、小林の動向に注目が集まる。

FA権行使ならばG丸以上の大型契約も

山田は今シーズン142試合に出場し打率.271、35本塁打98打点33盗塁をマーク。昨年に続いてのトリプルスリーこそ達成出来なかったが、昨シーズンから続いていた連続盗塁の成功記録を「38」にまで伸ばすなど存在感を見せた。チームがリーグ最下位と沈むなか、クリーンナップを担い、シーズン中盤にはリードオフマンとして打線を支えた。

昨シーズン史上初となる3度目のトリプルスリーを達成し、昨年の契約更改では1億5000万円アップの年俸4億3000万円(金額は推定)プラス出来高の単年契約でサイン。今年も年俸アップが見込まれるが、注目されるのが契約年数だ。チームの看板選手の流出を防ぐためにも球団は、将来的な海外FA権取得を見込んでの複数年契約を提示するとみられるが、山田が単年を選択する可能性は十分にある。

昨年の契約更改の会見では、報道陣からMLB挑戦を問われるなど、「走・攻・守」が揃う球界最高峰選手の去就は注目されていた。MLB挑戦に関して「シークレットです」とはぐらかしたものの、関係者によると契約更改の場では「メジャー」に関しての話題は一切なかったという。2020年東京五輪出場を見据える山田のMLB挑戦の可能性は低いとみられるなか、現実的なのがFA移籍だ。FA権を行使すれば複数球団による争奪戦は必至で、昨年巨人にFA移籍した丸佳浩外野手(30)を超える大型契約となりそうだ。

強肩に甘いマスク、出場機会を求めるならば...

一方の小林に関しても巨人は複数年契約を視野に入れている模様だ。今シーズンはFAで西武から移籍した炭谷銀仁朗捕手(32)、大城卓三捕手(26)と捕手3人制のもと92試合に出場。炭谷、大城と正捕手争いをし、出場試合は減少したものの課題の打撃は打率.244をマークした。原辰徳監督(61)は「ジャイアンツに必要な選手」と信頼を寄せるが、年俸は6000万円(金額は推定)とチーム内においては決して高額ではなく、球団は大幅な年俸アップに加えた複数年契約を提示するとみられる。

2013年にドラフト1位で入団し、エース菅野智之投手(30)から全幅の信頼を寄せられ、16年から3年連続で100試合以上に出場した。強肩に加え甘いマスクで女性人気はリーグトップクラス。セ・パ両リーグを通じて捕手の補強が課題となる球団は多く、小林がFA権を取得すれば複数の球団が興味を示すことは必至。小林の引き留め交渉が、巨人フロントの重要事項となるだろう。

今年はソフトバンク福田秀平外野手(30)、ロッテ鈴木大地内野手(30)、楽天・美馬学投手(33)の3人が国内FA権を行使し、現在、他球団と交渉の真っただ中にいる。また、西武・秋山翔吾外野手(31)が海外FA権を行使してMLB挑戦を表明。今年の国内FA市場は昨年に比べて小粒とされるが、来シーズン、山田、小林がFA権を行使すれば注目度は大きくアップするだろう。契約更改の席で球団はいかなる条件を提示するのか。目が離せない。