OKI、プロジェクションマッピングなどで作業を支援 スバル群馬製作所で実証実験開始

©株式会社イード

実証実験イメージ

OKIは、映像とカメラで人が介在する作業を支援する「Projection Complement System(PCS)」の実現に向けた実証実験を11月12日より、SUBARU(スバル)群馬製作所の大泉工場で開始した。

『フォレスター』や『レヴォーグ』など、スバル車の生産を担う群馬製作所の中で、大泉工場は自動車用エンジン、トランスミッションを製造している。これら製品は高い品質と耐久性が求められており、加工・組立工程の後、外観検査、運転検査などの工程を経て完成車工場へ出荷される。各工程では重要箇所や重要パーツの指差し確認が欠かせず、同社では高い品質や精度を保ちながら作業員の負荷を軽減する仕組みづくりが急務となっていた。

実証実験では、プロジェクションアッセンブリーシステムをスバルのFAシステムと連携させ、指差し確認など、人が介在する作業を支援するシステムとして活用することを目指す。プロジェクションアッセンブリーシステムは、OKIのIoT活用工場ソリューション「マニュファクチャリング・デジタルトランスフォーメーション」による現場変革ソリューションのひとつ。製造現場にてプロジェクターによる的確な作業指示を行うとともに、画像センシングにより作業実績をデジタル化する。

プロジェクションアッセンブリーシステムをFAシステムと連携させたPCSにより、指差し確認箇所や作業手順をプロジェクションマッピングにより作業対象のワークそのものに直接投影できる。これにより作業員は、車種や型式により多数のバリエーションが存在する工程でも、一問一答形式で抜け漏れなく、かつストレスなく確実に、手順を消化できると期待される。また、PCSで取得した作業実績データは、作業員が作業を実施した証跡となるだけでなく、可視化により「作業時間のばらつき具合」や「作業手順における問題個所」の特定への活用など、高い品質の維持と作業員の負荷軽減への効果が期待される。