消防、後輩の首に血圧計巻き圧迫

大阪・茨木、救命士3人免職

©一般社団法人共同通信社

救急救命士を懲戒免職処分にし、謝罪する大阪府茨木市消防本部の幹部=12日午後

 大阪府茨木市消防本部は12日、血圧計で後輩の首を強く圧迫したり消防車に逆さづりにしたりしたとして、33~47歳の男性救急救命士3人を懲戒免職処分にした。うち1人は被害の口止めも図っていた。記者会見で「いじめ以上だ」との認識を示し、監督責任を問い泉頼明消防長らも減給10分の1(3カ月)などの懲戒処分にした。

 同消防本部によると、5月17日午前0時35分ごろ、白川分署に所属していた消防士長(34)と消防副士長(33)が、出動の帰りに給油所に立ち寄った際、救急車内で自動血圧計の帯状器具を後輩の20代男性の首に巻き付け、作動させて内出血を顔や目に生じさせた。