WRC:ヒュンダイ、初のタイトル獲得も「喜びと森林火災被災者への思いが入り交じる複雑な心境」

©株式会社サンズ

 2019年のWRC世界ラリー選手権第14戦オーストラリアの開催中止を受け、初のマニュファクチャラーズタイトルを獲得したヒュンダイ・モータースポーツが声明を発表。「WRC初のタイトル獲得の喜びと、コフスハーバー近隣に住み森林火災で被災した方々に対する思いが入り交じる、複雑な気持ちに包まれている」とした。

 2019年シーズンのWRC最終戦として、11月14~17日に開催予定だったラリー・オーストラリアは、同国東部で発生中の大規模森林火災を受けて開催中止が決定された。

 ヒュンダイは11月12日に発信した声明のなかで「ラリー・オーストラリア主催者の決定を支持するとともに、火災と戦っている消防士や、地元住民、地元自治体に対して気持ちを伝えたい」と述べている。

 シリーズチャンピオン争いについては、ドライバーズタイトルは前戦の第13戦スペインでオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)のチャンピオンが確定した一方、マニュファクチャラーズタイトルについてはヒュンダイとTOYOTA GAZOO Racing WRTが一騎打ちの状態で最終戦を迎えていた。

 しかし、最終戦オーストラリアが開催中止となったことで、マニュファクチャラーズタイトル争いは不本意な形で決着。ヒュンダイが初のチームチャンピオンを手にしている。

 ヒュンダイ・モータースポーツGmbHのプレジデント、スコット・ノーは「なによりも、まず森林火災が発生しているニューサウスウェールズ州コフスハーバーをはじめ、オーストラリア全土の人々に対し、哀悼の意を示したい」とした後、チーム初の栄光についてコメントした。

「WRCで初めてマニュファクチャラーズタイトルを獲得できたことを心からうれしく思う。特に今年はタフで極めて僅差の争いが繰り広げられていたから、なおさらだ」

「2012年にヒュンダイ・モータースポーツを結成以来、拠点を構えるドイツ・アルツェナウで強力なチームを築き、ひとつのゴールを目指してきた」

「WRCでの活動を通じて、ヒュンダイのグローバルブランド戦略に貢献できることをうれしく思うし、チャンピオン獲得は最高の栄誉だ」

 チームディレクターを務めるアンドレア・アダモも「この栄光は、何年にも渡り懸命な作業を続けてきたチームスタッフのおかげだ」としている。

「現地の状況を踏まえれば、ラリー・オーストラリア開催中止は正しい判断だ。今回の森林火災で被災したかたをはじめ、ニューサウスウェールズ州に住んでいるかたに対し、気持ちを示したい」

「スポーツの観点で話をすれば、チームとして初めてWRCのタイトルを手にできたことを心からうれしく思っている。この栄光は、何年にも渡り懸命な作業を続けてきたチームスタッフのおかげだ」

「2019年シーズンは過去にないほどタフで僅差の争いが繰り広げられた。ラリー・オーストラリアでも最後の最後まで激闘を演じていたと思うが、今シーズンこれまで成し遂げてきたひとつひとつのこと、チームスタッフひとりひとりの働きを誇りに思う」

「個人的にもヒュンダイ・モータースポーツの全スタッフ、そして1月のラリー・モンテカルロからここまで一緒に戦い抜いてくれた全ドライバー、コドライバーに感謝を伝えたい」