「龍が如く7 光と闇の行方」神室町を支配する近江連合と、安村光雄ら3名の組員が公開!

©株式会社イクセル

セガゲームスは、2020年1月16日に発売予定のPS4用ソフト「龍が如く7 光と闇の行方」において、神室町を支配する近江連合と、組員・安村光雄(CV:鶴岡聡)ら3名の情報を公開した。

■近江連合(おうみれんごう)

関西最大の極道組織。東京・神室町と双璧をなす西の大歓楽街「大阪・蒼天堀」を拠点としている。「神室町3K作戦」という警察の施策により、東城会が崩壊した後は神室町も手中におさめ、支配している。

安村光雄(やすむらみつお)

八代目近江連合 直参荒川組若衆
CV:鶴岡聡

通称・ミツ。春日が東城会系荒川組にいたころの唯一の弟分であり、強い絆で結ばれていた存在。荒川組が東城会から近江連合に鞍替えした今も、荒川真澄に仕え続けている。

天童陽介(てんどうようすけ)

八代目近江連合 若頭補佐 直参龍童会 会長
CV:田中美央

近江連合の若頭補佐の一人。元は名の知れたプロボクサーだったが、不祥事の末に極道の世界へと行きつく。

石尾田礼二(いしおだれいじ)

八代目近江連合 若頭補佐 直参石尾田組組長
CV:速水奨

近江連合の若頭補佐の一人。欲しいものは力ずくで手に入れようとする、破天荒な言動が目立つ武闘派極道。

(C)SEGA