ポスト・マローンの最新作『ハリウッズ・ブリーディング』が三たび全米1位に

通算5週1位は1年以上ぶりの快挙

©ユニバーサル ミュージック合同会社

9/6に全米リリースされ全米アルバム・チャート(Billborad 200)では9/21~10/5付と11/2付の計4週1位を記録したポスト・マローンの最新作『ハリウッズ・ブリーディング』が、11/16付の同チャートで三度1位に返り咲き、通算5週目の1位を獲得した。

直近の1週間でアルバム換算78,000ユニットのセールスを記録し前週の2位から1位に再びアップした今作、通算5週1位というのは昨年7/14付から8/11付まで5週連続1位に輝いたドレイク『スコーピオン』以来1年以上ぶりの記録で、もちろん2019年にリリースされたアルバムとしては最長の1位である。

現在、北米をサーキットする“Runway Tour”を敢行中のポスト・マローンは、去る11/2(土)に故郷テキサス州ダラスにて今年で2回目の開催となる自身がキュレート/プロデュースするフェスティバル=“Posty Fest”を成功させたばかり。11/24(日)にロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで授賞式が行われるアメリカン・ミュージック・アワードでも最多の7部門にノミネートされるなど、まさに今年の“顔”となっている。

■アルバム情報

Post Malone “Hollywood’s Bleeding”

ポスト・マローン『ハリウッズ・ブリーディング』

◎デジタル:配信中

◎日本盤CD

発売日:2019.10.9発売

品番:UICU-1313

価格:2,200円(+税)