「仮面ライダーゼロワン」に第三の勢力? 桜木那智演じる“謎の男”天津垓が登場!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系で放送中の「仮面ライダーゼロワン」(日曜午前9:00)。主人公・飛電或人(高橋文哉)ら人間たちと、人型AIロボ・ヒューマギアを暴走させ人類滅亡を企むテロリスト・滅亡迅雷.netとの攻防を描いているが、11月10日放送の第10話で、この戦いに深く関わるキャラクターの全貌が明らかとなった。

対人工知能特務機関A.I.M.S.(エイムズ)の技術顧問であり、仮面ライダーバルキリーに変身する刃唯阿(井桁弘恵)は、仮面ライダーゼロワンに変身する或人や、A.I.M.S.隊長で仮面ライダーバルカンに変身する不破諫(岡田龍太郎)とともに滅亡迅雷.netと戦ってきたが、時折、或人らを窮地に陥れるような不可解な行動をとってきた。そんな唯阿を陰で操ってきた“謎の男”が天津垓(あまつ・がい)であることが明かされた。

第10話冒頭では、滅亡迅雷.netがヒューマギアをハッキングするために使用するゼツメライズキーを集めるよう唯阿に指示し、飛電インテリジェンスを崩壊へと導くことを望むかのような発言をしていた。一方で、唯阿にバルキリーをパワーアップさせるプログライズキーを与え、滅亡迅雷.netの壊滅を指示するなど、敵か味方か明確でない行動をとっている。

ついに姿を現したこの謎に満ちた男・天津垓を演じる桜木那智は、「子どものころから憧れていた大好きな仮面ライダーに出演できること、また天津垓として生きられることにワクワクしています。夏には撮影に入っていたのですが、解禁できない間、『早く言いたい!』とずっと思っていたので、ようやく皆さんにお伝えすることができてうれしいです。怪しさ満点の天津垓がこれから物語にどう影響していくのか必見です!」とアピールしている。