5m下の川岸で倒れていた女性救助 救急隊員到着まで寄り添い 女子高の教諭2人

©株式会社神戸新聞社

のじぎく賞の伝達を受ける高橋尚平さん(左)と永草拡基さん=兵庫県警葺合署 

 川岸で倒れていた女性を助けたとして、兵庫県警葺合署は神戸常盤女子高教諭高橋尚平さん(41)=神戸市東灘区=と、同、永草拡基さん(28)=同市垂水区=に、県の善行賞「のじぎく賞」を贈った。

 同署によると2人は10月23日、学校行事の下見で布引山の山道を歩いていたところ、約5メートル下にある川岸で倒れている女性(77)を発見。永草さんが川岸まで降り、高橋さんが110番した。

 女性は話せる状態だったが、身動きが取れず、救急隊員らが到着する約30分間、寄り添い続けたという。女性は病院に搬送されたが、けがはなかった。

 高橋さんは「普段から生徒たちに命の大切さを伝えている。助けられてよかった」と話した。(川崎恵莉子)