ヒロミが自らのハワイ別荘をリフォーム!「ここから先、ウチの人が暮らしていけるように」

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビ系では、11月25日に「有吉ゼミ特別編『ヒロミ、ハワイの別荘を作る』完成披露SP」(月曜午後7:00)を放送する。

八王子リフォームが始まって早5年。これまで同番組での企画をはじめとして、実に28軒の建物をリフォームしてきた「達人」ヒロミ。そんなヒロミが今回挑戦するのは、初の海外リフォーム!「自分が手掛ける(自分の持ち物)はこれが最後。あとは何にも持ってないからね。ここから先、ウチの人が暮らしていけるような感じにしておこうかなと」と話すヒロミが、毎年夫婦で訪れる築60年のハワイの別荘を自力でフルリフォームしていく。

実はハワイの住宅で深刻なのがシロアリの被害。乾燥した木材が好物で、その標的は家具。外から飛んできて家具を見つけては、自ら羽をちぎってその木材の中に侵入。鉄筋コンクリートの家でも、家具の中でどんどん繁殖してしまい、ヒロミの別荘も深刻な被害に。「建物自体が古いから、虫というかシロアリが出たりして、いろいろ問題があるから壊してみる」というヒロミが今回目指すのは、シロアリに食われない家! そして、デザインはヒロミがハワイの一番好きなホテル「モアナサーフライダー」風。同ホテルはハワイの歴史あるホテルで、クラシカルなインテリアでまとめられた白を基調とした品のあるエレガントな雰囲気が特徴だ。

作業が始まると、「(作業をするヒロミを見ながら)どういう方かご存じですか? 大工さんではなくて、日本のコメディアンなんです」というディレクターの言葉に現地の職人も驚き、「コメディアン? まじかよ! うまいな!!」とヒロミの手際の良さに脱帽。さらに夢の別荘に妥協なしとばかりに、キッチンの天板の人造大理石も強大な一枚岩から選ぶこだわりをみせる。職人たちと協力し、リビング、キッチン、寝室と全てを作りかえて完成した家の名は「ヒロミサーフライダー」。完成お披露目では、夢の別荘の驚きの仕掛け、こだわりの内装の数々を一挙に公開する。