みんなのタクシー ソニーと連携強化、JR東日本、KDDI他と事業・資本提携 モビリティやMaaS等の取組強化

©株式会社自動車新聞社

みんなのタクシー(本社:東京都台東区)は11月5日、事業説明会を開催し、ソニーとの事業連携強化やJR東日本との事業提携、KDDI、NTTドコモ、ゼンリンデータコム、及び帝都自動車交通との資本業務提携などについて説明した。みんなのタクシーは、移動体験の提供を通じて、経済価値の追求と同時に、社会価値の創出、交通インフラと連携した移動の最適化を目指す。

■ ソニーとのモビリティ領域における連携強化

需要予測サービスの商用開始

11月5日より、大和自動車交通が保有するタクシーに搭載されているドライバー用タブレットに、ソニーのAI技術で開発した需要予測アプリを搭載し、商用サービスを開始。(グリーンキャブ、寿交通、チェッカーキャブについても順次対応予定)

このアプリは単に需要予測するだけではなく、乗車点予測、長時間乗車率、空車動態表示、おすすめルート表示、特需発生表示等、タクシー会社の稼働率・売り上げ向上に貢献する多くの機能を搭載。

安全運転支援への取り組み強化

タクシーで利用されている車両と同型の車両にソニーの各種センサー、LiDAR等を搭載して走行し、センシングデータの収集や運転操作記録(アクセル・ブレーキ・ハンドル操作)を収集、解析し、危険予測データベースの構築を推進。当該データの取得により、安全・安心スコアを算出、熟練ドライバーとの差分評価、及び危険検知をもとにドライバーへの警告や注意喚起を行う安全運転支援ツールを構築し、実際のタクシーに搭載して今後検証を開始。

■ JR東日本とのMaaS領域での事業提携

JR東日本が構築する交通系スマートフォンアプリ“Ringo Pass”とみんなのタクシーの配車アプリ”S.RIDE”の連携により、両社が持つネットワーク、資産を共に有効活用することで、事業の拡大を目指す。国際自動車、大和自動車交通、チェッカーキャブが有する約9,000台のタクシー車両に設置されている後部座席タブレットを用いて、2019年度中に“Ringo Pass”のサービスに対応。

■ KDDI、NTTドコモ、ゼンリンデータコム、及び帝都自動車交通との資本業務提携

KDDIと連携し、MaaSの普及に向けたプラットフォームの共同構築やタクシーの新たなサービスの共同開発と商用化、及びビッグデータを活用した新たなビジネスの共同検討等を推進。

ドコモと連携し、ドコモのdアカウントやdポイントクラブ会員基盤とS.RIDEの連携による快適な移動の支援やタクシー車内におけるd払いでのQRコード決済他における協業等を進める。

ゼンリンデータコムと連携し、タクシー走行データを活用した3Dリアルタイムマッピングでの可視化とデータベース化による利活用を目的としたR&D;を行う。