青森・八戸で小6女児首切られる

少年逮捕、殺人未遂容疑

©一般社団法人共同通信社

女児が切り付けられた現場付近=12日午後7時2分、青森県八戸市

 12日午後4時40分ごろ、青森県八戸市新井田西地区の路上で、市立小6年の女子児童が首の前部分を刃物のようなもので切られ、同市内の病院に搬送された。県警は通り魔事件とみて捜査、事件に関与した疑いが強まったとして、殺人未遂容疑で、市内に住む少年を逮捕した。

 女児は「1人で歩いていて、見知らぬ男に背後から襲われた」と話している。首の傷は長さ約10センチ、深さ最大1センチで3週間のけが。女児が説明する男と特徴が似た男が近くの防犯カメラに写っていた。

 県警によると、女児は自分で帰宅し、家族に被害を伝えた。男はやせ形で髪は短く、白い上着に黒いズボンを身に付けていた。