Task have Fun[GIG TAKAHASHIレポート]ホットな距離感でフロア独占!ツアー裏風景も明らかに…?

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

Task have Fun[GIG TAKAHASHIレポート]ホットな距離感でフロア独占!ツアー裏風景も明らかに…?

<GIG TAKAHASHI 2019>が、2019年11月3日(日)に高崎club FLEEZにて開催された。毎年、主催のH.I.P.高橋文彦氏の地元である同地で行なうことが恒例となっている同イベント。今年は、あゆみくりかまき、Task have Fun、桜エビ〜ず、まなみのりさ、BabooBee、たけやま3.5、いぎなり東北産、九州女子翼、WHY@DOLL、OS☆U、DEVIL NO ID、AKAGIDAN、【P-school】(オープニングアクト)という、日本の各地域を拠点に活動している13組が集結。出演グループのほとんどが高橋氏と交流があるため、アットホームな雰囲気がありながらも、それぞれが自分たちのカラーを発揮した色彩豊かなイベントとなった。本記事では、そんな<GIG TAKAHASHI 2019>からTask have Funのライブレポートをお届けする。

【画像はこちら】

夏の<GIG TAKAHASHI>ツアーでも各地の会場を盛り上げたTask have Fun。今回もすっかり温まっているフロアを、冒頭から「ラブグリッター」でディスコティックにノセてくる。

“Task have Funです。まだまだ楽しんでいきましょう!”という熊澤風花の煽りから、「インダビュリフォデイ」ではフロア全体で跳び上がり、「TASK」では軽快にチョップの手刀があがった。イベント終盤だからこそ休ませる気は全くナシ。フロアもそんな彼女たちの快活さを満喫しているように見える。

MCでは、<GIG TAKAHASHI>主催である高橋氏の話題へ。高橋氏は現在Task have Funが行なっている全国ツアーの制作も担当しており、メンバーとは前日のツアー札幌公演から数時間ぶりの再会……ということで気の知れた調子だ。ツアー現場では里仲菜月の手足の長さに配慮し、機材にぶつからないようにした“里仲ライン”が各所に設けられているほか、ざっくりトークでちょっかいをかけていく里仲&メンバーと、冗談も交えつつ丁寧気質な高橋氏との攻防(笑)がくり広げられているようだ。なお、高橋氏は11月23日の中野サンプラザ公演でも制作をつとめるという。

後半戦ではお待ちかね「3WD」でパワフルなステージング。さらに、「彗星のステージ」で星を降らせる指の動きを作り辺りをキラめかせると、ラストは「キミなんだから」でフロアをいっそう上機嫌にまとめあげた。

Task have Fun<GIG TAKAHASHI 2019>
熊澤風花(Task have Fun)<GIG TAKAHASHI 2019>
里仲菜月(Task have Fun)<GIG TAKAHASHI 2019>
白岡今日花(Task have Fun)<GIG TAKAHASHI 2019>
Task have Fun<GIG TAKAHASHI 2019>

Task have Fun<GIG TAKAHASHI 2019>