【プレミア12】侍J、3回にも失点 高橋礼がダルベックに適時二塁打浴び2点のビハインド

©株式会社Creative2

アメリカ戦に先発している侍ジャパンのソフトバンク・高橋礼【写真:荒川祐史】

初回は3者凡退に仕留めた高橋礼だったが、2回先頭のボームの二塁打から1点を失う

■日本 – アメリカ(プレミア12・12日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第2戦のアメリカ戦に臨んだ。中5日で先発マウンドに上がった高橋礼投手(ソフトバンク)は2回に先制点を許すと、3回にも追加点を奪われて序盤で劣勢に立たされている。

 オープニングラウンド第2戦のプエルトリコ戦から中5日での先発となった高橋。初回は3者凡退に抑えたものの、2回に先頭のボームに右翼線への二塁打を許した。ボーンの二ゴロで走者が三塁へと進むと、続くクロネンワースには痛烈な一塁左へのゴロに。これを浅村が好捕してベースを踏んで2死としたが、本塁への送球が高くなり、生還を許した。

 3回も先頭のチャタムに左中間を破られて二塁打とされると、1番のペイトンの犠打、アデルの四球で1死一、三塁となり、3番のダルベックに左翼線への適時二塁打。追加点を奪われて、侍ジャパンは2点のビハインドを背負うことになった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)