東京五輪事前キャンプ岡山市で ドミニカのバレーボール代表

©株式会社山陽新聞社

 岡山県と岡山市は12日、ドミニカ共和国のバレーボール代表が2020年東京五輪の事前キャンプを岡山市で行うことが決まったと発表した。女子代表を想定している。

 女子代表は世界ランキング10位の強豪。来年1月の北中米予選で五輪出場が決まると、本番直前に岡山市で最終調整する。

 女子代表チームは18年9月と19年9月の2回、岡山市で強化合宿をしており、期間中にV1女子の岡山シーガルズと練習試合を行った。県によると、練習環境の良さなどが評価されたという。10月25日に県、同市、県バレーボール協会、同国バレーボール連盟が協定を締結した。

 東京五輪の各国代表による事前キャンプが決まるのは、県内で8件目。