【プレミア12】浅村、直撃も何のその 適時打で1点返す、4番鈴木がチーム初安打の三塁打で口火

©株式会社Creative2

4回に適時打を放った侍ジャパンの楽天・浅村栄斗【写真:荒川祐史】

直前の守備では浅村の右足すねに打球直撃

■日本 – アメリカ(プレミア12・12日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第2戦のアメリカ戦に臨んだ。2点ビハインドの4回、浅村栄斗内野手が適時打を放ち1点を返した。

 口火を切ったのは前日11日まで3戦連続本塁打と絶好調の4番鈴木だった。1死から打席に立つと、打球は中堅手の頭上を越えてフェンスに直撃し、三塁打に。続く吉田は左飛に倒れるも、浅村が右前適時打で1点を加えた。

 直前の3回守備では、ガシューが放った打球が浅村の右足すねに直撃。苦悶の表情にトレーナーが駆け付けたが交代はせず、そのまま守備に戻っていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)