【プレミア12】侍J、2番手山岡が打たれ再び2点差 4回浅村の適時打で1点返した直後に…

©株式会社Creative2

アメリカ戦に2番手で登板した侍ジャパンのオリックス・山岡泰輔【写真:荒川祐史】

先発の高橋は4回2失点で降板

■日本 – アメリカ(プレミア12・12日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第2戦のアメリカ戦に臨んだ。5回にはアメリカが追加点、登板した2番手の山岡泰輔投手が打たれて再び2点差をつけられた。

 5回先頭のペイトンが右翼フェンス直撃の二塁打を浴びると、続くアデルは三塁への内野安打。ダルベックは空振り三振とするも、4番ボームに右前適時打を浴びた。山岡は5番ボーンを空振り三振に仕留めて降板。3番手で嘉弥真がマウンドに上がった。

 侍ジャパンは2点ビハインドの4回に4番鈴木がチーム初安打となる三塁打で出塁し、浅村栄斗内野手の右前適時打で1点を返したばかりだった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)