【プレミア12】侍J丸が超美技、大飛球を“フェンス激突キャッチ”で東京ドーム騒然

©株式会社Creative2

好守を見せた侍ジャパンの巨人・丸佳浩【写真:荒川祐史】

マウンド上の大野も拍手、WBSC公式ツイッターには“丸ポーズ”の絵文字も登場!?

■日本 – アメリカ(プレミア12・12日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第2戦でアメリカと対戦。リードを許す苦しい展開の中、センターの丸佳浩外野手(巨人)が6回に超美技を見せた。WBSCも公式ツイッターで動画を公開している。

 1-3と2点ビハインドで迎えた5回。この回から登板した大野がロッカーに左中間への大飛球を打たれた。しかし、センターの丸は落下地点に猛然と奪取。最後は体を投げ出すようにして飛び込み、打球をもぎ取ると、そのままの勢いでフェンスに激突した。激しくぶつかり、後方に倒れ込んだ丸だが、ボールは離さず。マウンド上の大野も拍手する超美技となった。

 WBSCは公式ツイッターで「Maru Yoshihiro !!!!!!! 丸選手、体を張ったスーパーファインプレー!」と、この動画を紹介。“丸ポーズ”の絵文字も添えた。重い雰囲気を変えるスーパープレーとなった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)