ユベントスがC・ロナウドに抱いている懸念とは…

©フットボール・トライブ株式会社

クリスティアーノ・ロナウド 写真提供: Gettyimages

ユベントスはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに関して、ある懸念を抱いているようだ。イタリア紙『トゥット・スポルト』が報じている。

セリエA第12節のミラン戦で途中交代を命じられ、そのまま帰宅したと報じられているC・ロナウド。チーム内での振る舞いに否定的な意見も多く挙がったが、ユベントスはこの件以外にも懸念を抱いているようだ。

報道によると、C・ロナウドはヒザの状態が芳しくないようだ。靱帯が軽度の炎症を起こしており、パフォーマンスに深刻な影響を与えているようだ。

いつもの戦いがひと段落し、代表マッチウィークに突入している各国リーグ戦。セリエAも例外ではなく、ポルトガル代表は15日にリトアニア代表と対戦する。

C・ロナウドもリトアニア代表戦への出場が予想されているが、ユベントスはこの点を懸念しているようだ。2週間を休息と治療に充てることを望んでいるという。果たして、C・ロナウドはどのような決断を下すのだろうか。