京アニ義援金の配分を協議 直接被害を受けた人対象で合意

©株式会社京都新聞社

遺族や被害者に寄せられた義援金の配分について協議を始めた委員会の初会合(京都市上京区)

 京都アニメーション放火殺人事件の遺族や被害者に寄せられた義援金の配分割合などを決める京都府の委員会の初会合が12日、京都市上京区で開かれた。遺族の家族構成やけがの程度など、個々の犠牲者や被害者の状況を勘案して配分割合を定め、全額を1回で分配する方針で合意した。時期は今後協議する。

 委員会は設置者の京都府のほか、府医師会や京都弁護士会、日本赤十字社府支部など7団体の8人で構成。山下晃正副知事は冒頭、「行政が義援金を集めて配分する初めての事業。多くの方の思いが(遺族や被害者の)次の一歩につながるように使っていきたい」と述べた。協議は遺族や被害者の個人情報を扱うとして、非公開で行われた。

 事務局の府によると、初会合では配分対象と時期、回数、方法が協議された。配分対象は事件で直接的に被害を受けた人を対象とすることで合意。配分方法は遺族の家族構成や負傷の度合い、仕事への復帰状況や影響など個別の状況を加味して議論を進めていく。それぞれの個人情報については委員会として遺族や被害者に直接連絡を取り、提供してもらうという。第2回の開催は未定。

 義援金は10月31日時点で、京アニ専用口座に集まった支援金も合わせ計32億6384万6212円になっている。