【プレミア12】侍ジャパン、米に痛恨敗戦 坂本が好機でブレーキ、打線繋がらず大会初黒星

©株式会社Creative2

アメリカ戦に先発した侍ジャパンのソフトバンク・高橋礼【写真:荒川祐史】

スーパーラウンドは2勝1敗となり、残る2試合は負けが許されない状況に

■アメリカ 4-3 日本(プレミア12・12日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第2戦のアメリカ戦を戦い、3-4で競り負けた。2回、3回に先発の高橋礼投手(ソフトバンク)が失点して先行されると、打線がアメリカの投手陣を攻略しきれず、反撃も及ばなかった。

 2試合連続で先行された。2回、先発の高橋礼は先頭のボームに二塁打を浴びると、二ゴロと一ゴロの間に先制点を与えた。さらに3回にも先頭のチャタムに二塁打を許すと、3番のダルベックに適時二塁打を許して2点目を許した。

 打線は4回に鈴木の中越え三塁打、浅村の右前適時打で1点を返したが、5回に2番手の山岡がボームに適時打を許して再び2点差に。6回に浅村の2打席連続の適時打で1点差としたが、7回に3番手の大野がアデルにソロ本塁打を被弾。またしてもリードを広げられた。

 7回以降はアメリカの救援陣の前に反撃できず。1点差にした4回2死一塁、6回2死二塁で、この日7番でスタメンに復帰した坂本が投飛、空振り三振と凡退。3回無死一塁で丸が、5回1死一、二塁では菊池が併殺打、7回2死二、三塁では山田、近藤が相次いで凡退した。8回には浅村のこの日3本目の適時打で1点差とし、代走周東を起用。周東は二盗を決めて得点圏に進んだが、坂本、會澤が凡退。打線の繋がりを欠いた。

 スーパーラウンド初戦のオーストラリア戦に勝利していた侍ジャパンはオープニングラウンドから引き継がれた1勝と合わせて、2勝1敗に。17日に行われる決勝に進むためには、残る13日のメキシコ戦、16日の韓国戦と負けが許されない状況となった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)