【プレミア12】侍J浅村、誕生日に「本当に悔しい結果」 適時打3本で3打点と気を吐くも敗戦

©株式会社Creative2

3安打3打点と活躍した侍ジャパンの楽天・浅村栄斗【写真:荒川祐史】

29歳の誕生日に大暴れも…1点差を追いつくことができずに今大会初黒星

■アメリカ 4-3 日本(プレミア12・12日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」スーパーラウンド第2戦(テレビ朝日系列で放送)のアメリカ戦に臨み、3-4で惜敗した。この日が29歳の誕生日だった浅村栄斗内野手(楽天)は3打点と気を吐くも追いつけず「本当に悔しい結果」と唇を噛んだ。

 浅村は2点を追う4回に右前適時打で1点を返すも、5回に2番手の山岡がボームに適時打を許して2点差に。6回に2打席連続の適時打で1点差としたが、7回には3番手の大野がアデルにソロ本塁打を浴び、またもリードを広げられた。8回に浅村が3本目の適時打を放つも、1点差を追いつくことができず。痛恨の今大会初黒星となった。

 試合後の記者会見で「本当に悔しい結果になりましたけど、終わったわけではないので切り替えてやりたいと思います」と話した浅村。誕生日に3本の適時打を放ち「前後にいいバッター揃っている。得点圏でよく回ってくるので、今日は自分らしいバッティングができたんじゃないかなと思います」と振り返ったが、勝利には繋がらなかった。(Full-Count編集部)